2020.2.23

特集 Tボーン・ウォーカー

〜モダン・ブルースの夜明けを告げたエレキ・ギターのイノヴェイター ブルース&ソウル・レコーズ 第152号

B.B.キングとチャック・ベリーが憧れた人、その事実だけでもTボーン・ウォーカーの大きさがわかるだろう。1940年代からの一連の録音で、ようやく普及しだしたエレクトリック・ギターを大胆に用い、ブルース名作を多数生み出したTボーンは、「モダン・ブルース・ギターの父」と称されるようになった。彼の作となる〈コール・イット・ストーミー・マンデイ〉は今も歌い継がれるブルース・スタンダードとなった。生誕110年、没後45年、Tボーンのブルースはどこまでも鳴り響く。

★ Tボーン・ウォーカー・インタヴュー1972〜音楽との出会いから、代表作〈ストーミー・マンデイ〉、ブルース観まで貴重な証言の数々を完全収録
★ アルバム・ガイド〜初期重要作を収録したヴィンテージ・オリジナル盤から新機軸を見せた晩年のアルバム、客演作まで
★ 名曲〈ストーミー・マンデイ〉徹底研究〜永遠のブルース・スタンダードの魅力に迫る
★ ブラック・ミュージックの太い幹〜Tボーンが拠点としたLAセントラル・アヴェニューに集った傑物たち
★ ピー・ウィー・クレイトン〜Tボーンが呼び覚ましたワイルド・ギタリスト
★ ロイ・ゲインズ〜“Tボーン愛”を抱き続けるファンクも自在のギタリスト

【付録CD】Central Avenue Drag
Tボーン・ウォーカーが拠点としたロサンゼルス。そこで黒人エンタテインメントの大動脈だったのが、多くのクラブや劇場を並んだセントラル・アヴェニューだった。Tボーン人気絶頂期と重なる1940〜50年代にかけてロサンゼルスで録音されたブルース&ジャズを収録した本CDは、Tボーンとの共演もあるミュージシャンが多数参加。ステージ上でTボーンと「バトル」を繰り広げた名シンガーや、モダン・ジャズ巨人のセッション参加作も収録。

1. HAPPY JOHNSON SEXTETTE: B Splat
2. GENE PHILLIPS & HIS RHYTHM ACES: Big Fat Mama
3. WYNONIE HARRIS: Wynonie's Blues
4. JOHNNY OTIS & His Orchestra (vocal by LITTLE ESTHER): I Gotta Guy
5. DUKE HENDERSON: Fool Hearted Woman
6. RABON TARRANT with JACK McVEA: We're Together Again
7. PETE JOHNSON: Central Avenue Drag
8. THREE BITS OF RHYTHM: Root Beer Sizzle Sazzle Sizzle
9. THE HERB FISHER TRIO: Don't Want Nobody Else
10. PEE WEE CRAYTON: Central Avenue Blues
11. JIMMY WITHERSPOON: I Done Found Out
12. CHARLES BROWN (JOHNNY MOORE’S THREE BLAZERS): So Long

【その他の主な記事】
●[インタヴュー]ウルトラエミ (EMILAND)「今だから生み出せる楽曲や歌詞はありますね」
●[インタヴュー]ジミー・ジョンスン〜91歳にして充実の新作を発表したシカゴのバー・ルーム・プリーチャー
●[追悼]ウィー・ウィリー・ウォーカー
●[追悼]ジャッキー・ムーア
● マラコ・ディフィニティヴ・コレクション最新11タイトル

● 注目作をじっくり鑑賞する「語りたい逸品」コーナー
 *CD『BLINKY / Heart Full Of Soul』
 *CD『V.A. / Move On Up: The Songs Of Curtis Mayfield』
 *CD『V.A. / Land Of 1000 Dances: The Rampart Records 58th Anniversary - Complete Singles Collection』
●[新作アルバム・リヴュー]ジミー・ジョンスン/ノース・ミシシッピ・オールスターズ/シュガー・ブルー 他

【連載】
☆ なんてったってインディ・ソウル 蔦木浩一×齋藤雅彦
☆ フード・フォー・リアル・ライフ 〜歌詞から見るブルース&ソウルの世界/中河伸俊
☆ 小出 斉の勝手にライナーノーツ「V.A. / Oakland Blues (World Pacific)」
☆ リアル・ブルース方丈記/日暮泰文
☆ 鈴木啓志のなるほど! ザ・レーベル VOL.79 「Glades」
☆ ゴスペル・トレイン「キャントン・スピリチュアルズ」/佐々木秀俊+高橋 誠
☆ BLUES IS MY BUSINESS no.228/吾妻光良
☆ いづみやの曲追い酩酊談/佐々木健一
☆ 原田和典の魂ブチ抜き音楽
☆ 文聞堂書房〜古書掘りコラム/出田 圭
☆ ICHIのチタリン・サーキット最前線
☆ International Music Stroll〜世界の音楽にぷらりと出会おう/ワダマコト
☆ ニッポンの。国内アーティスト新譜紹介/妹尾みえ
☆ ブルース&ソウルが流れる店/轟美津子/加藤千穂
☆ Ain’t That Good News 国内ライヴ/イヴェント情報ほか

BSR152_022-23

BSR152_038-39

BSR152_050-51

BSR152_062-63

BSR152_070-71

BSR152_072-73

ブルース&ソウル・レコーズ 第143号:特集 ブルースとフェンダー・ギター
ブルース&ソウル・レコーズ 第144号:特集 エリック・クラプトン ─12小節の人生─
ブルース&ソウル・レコーズ 第145号:特集[追悼]オーティス・ラッシュ 孤高のザ・ラスト・モダン・ブルースマン
ブルース&ソウル・レコーズ 第146号:特集 ブラック・ミュージックのメッセージ
ブルース&ソウル・レコーズ 第147号:特集 ミシシッピ/デルタ・ブルース
ブルース&ソウル・レコーズ 第148号:特集 ギター&ハーモニカ・ブルース・デュエット
ブルース&ソウル・レコーズ 第149号:特集 ドクター・ジョンとニューオーリンズ
ブルース&ソウル・レコーズ 第150号:特集 エルモア・ジェイムズ スライド・ギター無双
ブルース&ソウル・レコーズ 第151号:特集 特集 黄金のモータウン

雑誌一覧