2022.3.9

シェイン・マガウアン(ザ・ポーグス)の人生に迫るドキュメンタリー映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』が6月3日(金)より全国順次公開決定!

 アイリッシュ・パンク(ケルト音楽とパンク・ロックが融合したジャンル)という一大ジャンルを築き上げ、ヨーロッパで最も人気なクリスマス・ソング「ニューヨークの夢」等のヒット曲 で知られる伝説の英パンク・バンド「ザ・ポーグズ(THE POGUES)」。そのフロントマンで、 多くのミュージシャンが愛して止まない天才シンガー、シェイン・マガウアンの破天荒すぎる音楽人生を、30 年来の友人ジョニー・デップ製作でドキュメンタリー映画化! 6月3日(金)から渋谷シネクイントほか全国順次公開することが決定した。
.

.

5 歳から飲酒・競馬・タバコを嗜み、10 代で移住したロンドンでドラッグ地獄に転落。そこから這い上がるように始めたバンドで、絶大な人気を集め瞬く間に英ロック界のスター に。そんな彼の伝説は音楽だけに留まらず、ライブ中泥酔して退場、素行が悪すぎてバ ンドから追放、長年にわたる酒と薬の濫用で50歳にして全歯を失うなど、音楽史に残る 仰天事件を連発。本作では爆弾発言だらけのシェインのインタビュー映像に加え、貴重なライブ映像や、米国の作家ハンター・S・トンプソンのコラボで知られるイラストレータ ー、ラルフ・ステッドマンによるアニメーションを交えながら、彼の半生を丸裸にしていく。さらに、プライマル・スクリームのボビー・ギレスピーやジョニー・デップ本人たちがインタ ビュアーとして出演し、現在のシェインの心の内を聞き出すことに成功。アイルランドで 過ごした子供時代からロンドンのパンク・シーンで活動したシェインの軌跡を通じて、彼の情熱、ユーモア、深い音楽知識、歴史、ポップカルチャーが見事に描かれている。

 監督はデヴィッド・ボウイ出演の『ビギナーズ』(86)やセックス・ピストルズを追った『セッ クス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル』(79)で知られる、音楽ドキュメ ンタリーの巨匠、ジュリアン・テンプル。本作ではシェインの一筋縄ではいかない歴史を紐解いて鮮烈に映像化し、第 68 回サン・セバスチャン国際映画祭で審査員特別賞を受賞。米映画批評サイトRotten Tomatoesで批評家・観客共に96%(2022/3/3時点)の超高評価を獲得し、「自由奔放でめちゃくちゃな映画だ。しかし荒れ果てた美しさに満ちている。」―TheWrap「ジュリアン・テ ンプルはシェインの伝説を見事なまでに復活させた。」―Daily Telegraph (UK)と称賛を浴びた。日本では、ピーター・バラカンが 字幕監修を担当。本作の製作を務め出演もしているジョニー・デップは、出会う前から大ファンだったシェインについて、「20世 紀の最も重要なアーティストの一人であり、人々に愛された詩人でもあるシェインの決定版な映画を製作できることを光栄に思います。」とコメント。ジョニー・デップとジュリアン・テンプル監督の豪華タッグが贈る、破天荒パンクドキュメンタリーの傑作が誕生した。

写真ともに©️ANDREW CATLIN

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』
製作:ジョニー・デップ
監督:ジュリアン・テンプル(『ビギナーズ』、『セックス・ピストルズ/グレート・ロックンロール・スウィンドル』)
出演:シェイン・マガウアン、ジョニー・デップ、ボビー・ギレスピー、モーリス・マガウアン、シヴォーン・マガウアン、ヴィクトリア・メアリー・クラーク、ジェリー・アダムズ、ボノ他
2020 年/アメリカ・イギリス・アイルランド/130 分/英語/日本語字幕:髙内朝子/字幕監修:ピーター・バラカン R18+
英題:CrockofGold:AFewRoundswithShaneMacGowan 配給:ロングライド
公式サイト:longride.jp/shane/

NEWS