2021.11.12

『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』12月24日(金)より劇場公開決定!

モーターヘッドのフロントマンであり、≪負け犬として生まれ、勝つために生きた≫極悪暴走ロックンロールレジェンド、レミー・キルミスターが 2015 年 12 月 28 日に伝説となってから今年で 6 年。レミーの誕生日(12/24)・レミーの命日(12/28) を含む日程で『モ ーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』が上映となる。

本作は2012 年の「King of the Road Tour」の中から、12 月に ドイツのベルリンにあるヴェロドロームで行われた12,000人の大観衆と共に爆裂する暴走ロックンロールショウの模様を収録したライヴ作品。シネマート新宿・シネマート心斎にて 12 月 24 日(金)〜12 月 30 日(木)【1 週間限定】、名古屋シネマテークにて 12 月 25 日(土)〜12 月 30 日(木)【6 日間限定】の日程で日本語字幕付きで公開される。

負け犬として生まれ、勝つために生きた、
ロックンロールの化身、極悪暴走御大レミーがベルリンで轟音をかき鳴らす
人類史上最高の暴走バンド、2012 年ドイツでのオフィシャル・ライヴ映像。

.

2015 年 12 月 28 日、核爆弾が落ちてもゴキブリとともに生き残るといわれ、2,000人もの女性と夜を共にし、 1956 年にはロックンロール誕生の瞬間を目撃、マルボロとジャックダニエルにまみれて血液が猛毒化、ビートルズを愛し、世界一音がデカいバンド、《モーターヘッド》を40年間続け、1945年クリスマスイブである12月24日に生まれて以来、不眠不休の大暴走を続けた人類最強の豪傑、レミー・キルミスターがこの世を去ったのは 2015 年。70歳の誕生日を迎えてから4日後、癌を宣告されてからわずか2日後のことだった。そして翌日、メンバーからモーターヘッドの活動終了が伝えられた。

本作はその暴走ロックンロールの帝王、モーターヘッドの 2012 年 12 月 5 日にベルリンにあるヴェロドロー ムでのライヴを収めた、モーターヘッド公式ライヴ映像であり、2021 年に「Louder Than Noise... Live in Berlin」と題して DVDリリースされた最新作だ。1975 年の結成以来、怒涛のスピードと圧倒的音圧によるシンプルで攻撃的なロックンロールを40年間続け、メインストリームとは真逆のロックの裏街道を驀進したモーターヘッド は、ヘヴィメタルとパンク/ハードコアという普段相容れない両ジャンルからも熱い支持を集め、その両者が一 触即発の状態に陥った場合でもモーターヘッドの曲を流せばすべてがおさまるという、この世に類を見ない存在感を誇ったバンドだ。レミーの死の約3年前のライヴである本作は、サクソンやエクソダス、クリーターなどのコンサート・フィルムもプロデュースしてきた Herwig Meyszner が何台ものカメラを使って収録。レミー・キル ミスター、フィル・キャンベル、そしてミッキー・ディーのモーターヘッドというバンドが鳴らす轟音ロックンロールは数十年にわたりサウンドの境界線を破壊し続け、聴く者の耳をつんざき、そして世界中を爆走し続けた彼らがトップギアでその凄まじい存在感をドイツの大観衆に見せつけ、ステージからあふれ出るエネルギーだけではなく、観客席からの怒涛のエネルギーまでも生々しく映像に封じ込めた。

モーターヘッドという唯一無二なバンドの底力がスクリーンを通して伝わって来る貴重な上映が今年も開催となる。

 

『モーターヘッド/ラウダ―・ザン・ノイズ』
2021 年作品/74 分/DCP/原題:Motörhead/Louder Than Noise... Live in Berlin 出演:レミー・キルミスター、フィル・キャンベル、ミッキー・ディー
提供:キングレコード 配給/宣伝:ビーズインターナショナル © 2021 Silver Lining Music Ltd.

公式サイト:motorhead-movie.com

公開劇場:
シネマート新宿・シネマート心斎橋にて 12 月 24 日(金)~12 月 30 日(木)〈1 週間限定〉
名古屋シネマテークにて 12 月 25 日(金)~12 月 30 日(木)〈6 日間限定〉上映