2021.11.9

【BSR Playlist Archives】第4回 三宅伸治

ブルース&ソウル・レコーズがゲストを招き、ブルース&ソウルの魅力を紹介するプレイリスト企画『BSR Playlist Archives』。第4回のゲストは、今なおロックンロールの最前線を歩み続けるヴォーカリスト/ギタリストの三宅伸治氏。

三宅氏にセレクトいただいたテーマは「胸を熱くするブルース/ソウル」。ブルースやソウルはもちろん、様々な音楽を愛し、そして情熱とともに鳴らし続ける三宅氏。先日発売された三宅伸治&The Red RocksのアルバムRed Thanksでも聞くことのできる素晴らしい楽曲の数々からも、その熱量を感じることができるはずだ。12月4日(土)にはYOKOHAMA BAY HALLにて「CLOSET PARTY Presents「Rainbow Christmas 2021」~Produce by 三宅伸治~」も開催されるので、公式サイトで最新情報をチェックいただけたらと思う。

プレイリストはこちらから!

Vol.4「胸を熱くするブルース/ソウル」

(三宅伸治氏によるコメント)

胸を熱くするブルース/ソウルと今回、お題をいただいて、レコード棚から選曲し始めたのだが…20曲では、やはりアレサもエタもOVも入りきれず、少し後悔。またこんな機会をもらえるとうれしい。とにかく、胸を熱くしたのは、その時の衝撃。

歌だったりリズムだったり、ギターだったり。英語は、あまりわからなくても、何を熱く歌ってるのかはわかってしまうのだ。それは、宮崎にいた頃の知り合いのソウルマニアの方の家で聞いたゴールドワックス、ライブで見たライトニンやマディ。映画やライブ映像から。集め続けているオリジナル盤やSP盤。その曲を聞いた時の景色や一緒にいた人、当時の自分。それが何と尊い事だと、今だから思える。そして今でも何で、こんなに元気をもらえるんだろうと不思議なくらいだ。こんな風に、自分の音楽が誰かの胸を熱くして、元気になってくれる事を願うが…そう簡単なものではない。

歌を作り続けようと思う。

音楽は素晴らしい。

三宅伸治

【三宅伸治 プロフィール】
1961年 3 月 8 日生まれ。 1987 年 MOJO CLUB デビュー。 MOJO CLUB 活動休止後はソロ活動とともに数々のミュージシャンとのバンド活動も展開。忌野清志郎& NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNS ではバンマスとして活躍。また清志郎氏との共作で楽曲も多く手掛けた。近年ではソロ活動に加え「三宅伸治& the spoonful 」、「オーバーオールズ」、自身のイベントをきっかけに鮎川誠氏、友部正人氏と3人で「3KINGS 」としてのライブ活動も行う。2020年11月25日には豪華ゲストを迎えて初のクリスマスアルバム『Rainbow Christmas』をリリース。また、2021年1月全曲書き下ろしのソロアルバム「始まりの為に(DEMO1)」続いて6月に「MIYAKE SHINJI(DEMO2)」をリリース。同年還暦を迎え「三宅伸治&The Red Rocks」を結成。アルバム「Red Thanks」リリース。時代を超える名曲の数々、全国を駆け巡るライブツアー、幅広い活動は多くのアーティストにも影響を与え続けている。
.
《リリース情報》
アーティスト:三宅伸治&The Red Rocks
タイトル:Red Thanks
レーベル:P-VINE
商品番号:PCD-18888
フォーマット:CD
価格:定価:¥3,300(税抜¥3,000)
発売日:2021年10月27日(水)
..

NEWS